5月から色を感じて

今回のテーマは

「5月から色を感じて」

です。

季節の指標となる24節氣。

2020年5月20日は
24節氣では
「小満」にあたります。

立春から数えて8番目。
ふたご座のはじまり。

「小満」という意味は
天地に生氣が満ちる時で

お蚕さまが桑の葉を盛んに
食べだす頃。

そして秋に蒔いた麦の穂が
黄緑色に育って、
少し安心した、
満足したという事から
つけられたとも。

「時」という見えないものを
植物や生物の成長で間接的に
知るのと同時に

植物や生物の成長過程にあわせ
季節を感じるような
「時」の名前を
つけていったのが24節氣。

お蚕さんが食べる
「桑の葉」がどんどん茂り、
輝く「麦の穂」がすくすくと
育つ。

梅雨も近いので、雲の間から
太陽の光が一条の光となって
強く差し込んだり、
やさしい光で
木々や畑に
落ちてくる。

その光は、まるで
キャンドルの炎のごとく
揺らめきながら

時に大きく、
時に小さく
まばゆく燃える
有機的なリズムで。

5月は色に置き代えると
「真っ赤」

はい、炎の色です。

陰陽五行、四柱推命では
5月は
キャンドルの火、焚火、
漁火といった炎、
マグマの火、お月様の光
とみなします。

揺らめき、変化し、
引込まれるような
真っ赤な火。

6/4までは巳の月で真っ赤。

自然界は
緑があふれていますから

緑系のお洋服をメインに
アクセントとして
真っ赤なイヤリングなど
着けてみたり

真っ赤なお花を
お部屋に飾って
楽しんでみては
いかがでしょう。

男性の方は、真っ赤な
下着を着てみるのも良いですね。

色は星々からのシグナル。

星々からのシグナルを
受け取れば

宇宙とシンクロして
サポートがやって
きやすくなりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です