五臓六腑には色がある(6)

今回のテーマは

「五臓六腑には色がある(6)」

です。

2021年
2/3 23:59分に立春。
木のグループをしめす
寅の月がスタート。
木のグループは肝臓を意味します。
この季節は肝臓に症状が
出やすくなるので
労わることが大切。

そして
カレンダー「24節氣」では
2/18は「雨水」。

雨水という言葉からどんなイメージが
浮かびますか~?!

雪が解け、雪から雨になり
田園には水が溜まり、
そろそろ種をまく頃
それが「雨水」。

24節氣カレンダーは、
季節感を言葉で表すことで
寒さや暑さをイメージできます。

感性を豊かにしていく事が
できますね。

と同時に
目には見えない
エネルギーの流れや空氣感を
体でキャッチすることで
直観力もついてきます。

暦を知ると
臓器と季節の関係がわかり
心や体の声を再認識することが
できるようになります。

健康を維持していく事が
できる合理的なカレンダーが
旧暦(太陰太陽暦)で、
一般的には「暦」と
呼ばれます。

さて、今回のメルマガ
「五臓六腑には色がある(6)」
です。

東洋思想では
五臓六腑や感情にも
色をあてはめています。

1)悲:悲しみ、憂い⇒ 白 
  肺・大腸

2)思:思惑、考えすぎ ⇒黄 
  脾臓・胃

3)恐:恐怖、怖れ ⇒青 
  腎臓・膀胱

4)怒:怒り ⇒ 緑
  肝臓・胆嚢

5)喜:喜び ⇒ 赤
  心臓・小腸

白、黄色、青、緑と
お伝えしましたので

今回は、インヨウ*ゴギョウの
5つのセオリーの中の
赤について。

赤は
感情でいうと唯一5つの中では
ポジティブワードの「喜び」。

臓器でいうと
「心臓・小腸」
とつながります。

「赤」という言葉は
あかるい 明るいが語源で
太陽から生まれた色。

この繋がりを知るだけで
赤は元氣の源で
何かが生まれだし
ワクワクする、
喜びの感情とイコールになることが
お分かり頂けるかと思います。

喜びの感情バランスがとれないと
心臓・小腸に影響が出てきます。

喜びが多すぎても
少な過ぎても
よろしくない。

えっ、喜びは多ければ多いほど
良いのでは~!?と
思いますよね。

喜びが多すぎると
緩み過ぎてしまい
ダルダル~な状態になり
やる氣がおきなくなって
しまうのです。

子供が嬉しくて、嬉しくて
遊び過ぎてしまい
そして疲れ果ててしまう
そういった感じ、

もしくは
南国で
リラックスすると
緩んで
何もやる氣がおきなくなる
そんなイメージです。

喜び方には2通りあります。

自分自身の事で喜ぶのは
バランスがとれるのですが

自分以外のことで
喜ぶことは
心臓・小腸さん達は
喜びとみなさないようです。

子供の喜びだけを優先して
自分の喜びをずっと
脇においてしまうママさんなどの
パターン

これは本当の喜びには
ならない。

あくまでも自分自身での
喜びが必要なのです。

色の使い方として、
「赤」はやる氣がでる色ですが
ずっと着続けると、やはり
緊張がとれなくなり、
疲れがたまります。

喜び過ぎて
疲れた状態と似てきます。

赤の補色、
緑をとりいれて
バランスをとるように
心掛けるとよいでしょう。

小腸は栄養を吸収、
心臓は全身に血液を送り出す
ポンプの役割で
この2つの臓器の共通項は
ガンに殆どならない臓器。

私個人としては
この2つの臓器は
エネルギーをキャッチしやすい部位
だと感じています。

赤は邪気をはねる色
でもあるので
小腸や心臓とつながり
関係するのかしらと。

赤に近い色で
愛の色の
ピンク!

そして肝臓の緑。

ピンクとエメラルドグリーンも
バランスよく取り入れて
いつも
心地よい状態を
保つようにすることも
大切ですね。

ステキな日々を

【ご案内】

①ライン公式
開運スタイリスト・ユカリ
「暦*色予報」では
毎日の暦、ファッション12星
その日のエナジーカラー(エネルギーとなる色)
など開運ワードを3日に1度、お伝えしています。

新しいイベントやセミナーのご案内も
いち早くお伝えいたします。

どうぞ
お友達登録してくださいませ^^
https://lin.ee/kPQciXb

②チワワのラブ店長のラインスタンプを
趣味で作成しました。^^

よかったらご覧くださいませ。
https://line.me/S/sticker/14467385

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です